特定非営利活動法人 岡山NPOセンター

【7月31日(日)】KOTOMO基金第3回活動報告会「透明な子どもたち」~子どもの権利が奪われる背景について考える~

6月 22, 2022

KOTOMO基金第3回活動報告会
「透明な子どもたち」~子どもの権利が奪われる背景について考える~

このたび、「KOTOMO基金」の第3回活動報告会を開催します。
参加申し込みフォームはこちら

開催概要
■日時

 2022年7月31日(日)13:30~16:00

■会場
 山陽新聞社さん太ホール(岡山市北区柳町2-1-1)
 googleマップでの表示はこちら https://goo.gl/maps/PUajZDYnv9R4Dy1h6

■定員
 会場150名/Youtubeでの同時配信あり(人数制限なし)

■参加費
 無料

■主催
 山陽新聞社NPO法人岡山NPOセンターKOTOMO基金事務局)

■プログラム
 ①活動報告「おかやまの子どもたちに今、起きていること」~支援の現場からのレポート~
 動画上映 NPO法人あかね 代表理事 中山遼さん
      NPO法人志塾フリースクール岡山 理事長 村本和孝さん
      認定NPO法人オリーブの家 理事長 山本康世さん
      ハルハウス 代表 井上正貴さん
②シンポジウム「不幸な事件や辛い状況はなぜ無くならないのか」
~どんな「支援」と「支援への支援」が足りないのか~
●パネリスト
 一般社団法人子どもソーシャルワークセンターつばさ 代表理事 紀 奈那さん
 一般社団法人SGSG 理事長 野村泰介さん
 NPO法人オカヤマビューティサミット 代表理事 柚木幸子さん
 ハルハウス 代表 井上正貴さん
●進行役(質問役)
 NPO法人ハレハハ 代表理事 ボウズ満恵さん
●コメンテーター
 直島克樹さん(川崎医療福祉大学
 梶谷俊介さん(岡山トヨタ自動車株式会社代表取締役社長 KOTOMO基金サポーター企業)
③ クロストーク「どんな子も生きていける地域にするために」
~24時間子ども支援の最前線からの提言~
●話題提供
 認定NPO法人子どもシェルターモモ 副理事長 西﨑宏美さん
●モデレータ
 NPO法人岡山NPOセンター 代表理事 石原達也(KOTOMO基金事務局)

申込方法
【会場でのご観覧の場合】
 申し込み専用フォームか、FAX、メールのいずれかに
 ①郵便番号/②住所/③氏名/④年齢/⑤職業/⑥電話番号/⑦参加人数/⑧メールアドレス
 を明記のうえ、下記宛先までお申し込みください。
 ※定員になり次第締め切ります。Youtube配信視聴の方は、お申込みいただく必要はありません。
 ※ご応募いただいた個人情報(郵便番号・住所・氏名・電話番号・職業・メールアドレス)は、山陽新聞社が責任をもって管理し、本会の開催に関するご連絡のみに利用します。
【オンラインで配信をご視聴いただく場合】
 動画でご視聴の場合はお申込みは不要です。
 開催時刻となりましたら、以下よりご覧くださいませ。
 【配信URL】https://youtu.be/r7ZMSB-jJbw

申し込み先
山陽新聞社営業局内 KOTOMO基金シンポジウム受付係
・電話:086-803-8182
・FAX:086-803-8113
・メール:kotomokikin@sanyonews.jp
・Web:申し込み専用フォームへ https://forms.gle/i5j7yhCZxujPaZTn6

KOTOMO基金について

新型コロナウイルスの感染拡大で、困難な状況にある子どもや子育て家庭を支えている市民活動を後押しするため、2021年5月、岡山NPOセンターと山陽新聞社、山陽新聞社会事業団は「KOTOMO基金(ことも基金)」を創設致しました。

KOTOMO基金に関する特設ページ
https://kotomofund.jp/
上記のページより、クレジットカードおよび銀行口座へのご寄付を受付ております。本基金の取り組みへの応援、どうぞよろしくお願い申し上げます。上記URLからのお手続きが難しい場合は以下の口座へ直接のお振込みをお願いいたします。
※折り返し領収書をお送り致しますので、お手数ですが事務局まで「ご住所・氏名・お電話番号」をお知らせください。
中国銀行 本店営業部 普通預金 3625598
KOTOMO基金 特定非営利活動法人岡山NPOセンター 代表理事 石原 達也
コトモキキン トクテイヒエイリカツドウホウジンオカヤマエヌピーオーセンター ダイヒョウリジ イシハラタツヤ

本事業は、特定非営利活動法人エティックが「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(休眠預金等活用法)」に基づく2019年度資金分配団体として選定され実施する「子どもの未来のための協働促進助成事業」による助成を受け、特定非営利活動法人岡山NPOセンターが「おかやま子ども基金(仮)」創設を核とした子どもの虐待・貧困等0を目指すオール岡山体制構築事業」の一環として実施しています。